「二重にしたい!」

そう思って、普段アイプチを使用している人も多いと思います。

私も長年、アイプチを利用していました。

しかし、アイプチを取ってしまえば重い一重まぶたに。

私は二重の手術をすることに決めました。

でも二重にする手術が一般的に糸を通して二重を作る埋没法。

まぶた部分を切開する切開法。

どっちにしようかすごく悩んだんですよね。

簡単に二重術のメリットデメリットをまとめました。

埋没法メリット

・安い

・簡単に二重が出来る

・痛みが少ない

・いつでも取ることが出来る

・ダウンタイムが2~3日程度

埋没法デメリット

・糸なので取れる可能性がある

・糸で結んだ部分がボコっとなる可能性がある

・目が下垂気味のなる

切開法メリット

・くっきり二重になる

・永久的な二重を手に入れられる

切開法デメリット

・ダウンタイムが長い

・料金が高い

 

私は悩んだあげく、整形が初めてだったこともあり「埋没法」で二重にすることを決めました。

糸で通し簡単な施術とはいえ、かなり緊張しました。

でも、麻酔のおかげで痛みは全然ありません。

痛みがないことが一番驚いたかな(笑)

10分程度で施術も終わり「え?本当にこれだけ?」tって思いました。

でも鏡を見ると今までみたことない二重の自分がいました。

料金も5万円程度だったので、「これなら早く二重にしとけど良かった」なんて思いましたね。

それから、10年以上経っていますがまだ糸は取れていません。

結構幅広にしましたが、その幅もずっと変わらず二重のまま。

でも加齢とともにまぶたが下がってくるので糸を取って切開法を今は考えています。

もし、これから二重術をしようとしているなら、どっちもオススメですが個人的には埋没法で二重のイメージを付けて馴染ませてから、将来切開法がいいのかなと思います。

なぜなら、初めから切開法でやってしまうと「希望した二重」にならなかった時に再度手術をしないといけないから。

切開の手術は40分~1時間かかります。

修正する時は二重に線がガタガタになってしまう可能性があります。

美容外科によっては修正を無料でやってくれないところもあるので、そうすると50万円近いお金がかかってしまいます。

よっぽど、「整形は1回で十分」という人以外は埋没法で様子を見ることをオススメします!

ほとんどの美容外科クリニックは無料でカウンセリングをしていますので、気になる方は相談だけでも聞きに行ってみてはいかがでしょうか?

 

TOPページへ