最近、街を歩いていてもよく思うんですが可愛い女性や綺麗な女性って増えましたよね?

体型もスレンダーな女性が増えて、自分の美意識もそれに合わせて磨かないと平均を保てません。

なんでこんなに可愛い人や綺麗な人が増えたのか?

それは毎日観るテレビや雑誌の影響がかなり関係しています。

テレビに出ている芸能人は顔が超小さかったり、目がパッチリしてお人形さんみたいだったりしますよね。

その芸能人を見て「私もこうなりたい」っていう気持ちが芽生えます。

そして、「どうしたらこんな風になれるのか?」と考えます。

最終的に「美容整形なら〇〇ちゃんみたいに可愛くなれるかも!」という結論に。

実際、美容外科に芸能人の切り抜きや写メを持参して「こんな風にしてください」というケースがかなり多いのです。

では、そんな可愛くて綺麗な芸能人は果たして生まれつき美しい美貌だったのでしょうか?

現代の芸能人を見てわかることは「整形をしている率がめっちゃ高い」という事です。

80年代くらいの芸能人は整形をほとんどしていません。

でも可愛い顔立ちでステージを盛り上げました。

この当時はまだ芸能人の数も今みたいに多くはいません。

本当に可愛い人、綺麗な人だけが芸能人として活躍できていたんですね。

でも今はアイドルから女優、お笑い芸人まで数多くの芸能人がいます。

顔を変えられる時代になれば、どんどん可愛い子も増えますよね?

テレビを観ていて芸能人を見ると、整形をしていることが一発でわかります。

多分これは、整形の経験がある人なら大体わかると思います。

私は目、鼻、顔の脂肪、小顔、などなど整形済みなので見抜いてしまいます。

目の二重術をしている芸能人は90%超えるんではないでしょうか?

元々日本人は奥二重が特徴な人種です。

でも芸能人のほとんどは綺麗なハッキリした二重をしていますよね。

糸で固定する簡単な二重術から、二重部分を切開してよりくっきりした二重にする方法もあります。

目を見ただけで「二重の部分切開の跡が残っているな~」とか「2点留めで埋没したな」とかすぐわかってしまうんですよね。

最近女優さんに多いのが鼻の整形。

「あ、〇〇さんソフトプロテーゼを入れた」なんて結構よくあること。

多分整形をしたことがない人からすれば、「メイクが変わったのかな」程度にしか思わないでしょう。

鼻が劇的に高くなったとかではなく、鼻筋がスッとした感じでプロテーゼを入れています。

お肌に関していえば、40代、50代でシミ一つない美白なら絶対に美容クリニックやエステは通っています。

50代で何もしてなくて透明感がある肌なら連日取材殺到ですよね^^;

可愛いや綺麗な芸能人もカゲで努力をしているですね。

いつまでも「美しくいたい」それは女性の永遠のテーマでしょう。

 

TOPページへ