「二重にしたい」

「メイクが映える」

そんな理由からアイプチ、アイテープを使用している人は多いのではないでしょうか。

私もそんな中の一人でした。

中学生から25歳までアイプチを使っていたのですが、まぶたを毎日引っ張ってクセをつけて~となると皮膚が伸び切ってしまったんです、

伸び切ったまぶたのせいで重い目の印象に。

黒目部分もだんだん見えなくなって目つきも悪いので、「これはダメだ!」と思い最終的に美容クリニックで二重の施術をしたんですよね。

その時、ドクターにも言われました。

あと1年くらい遅かったら、「まぶた上の余計な皮膚を切除しないと施術できなかった」と。

このとき「埋没法」の施術をしたんですが、もう少し遅かったら切開での二重術になっていたと思います。

アイプチとかって簡単に二重が作れるけど、まぶたには良くないんだなと実感しました。

でも今でもアイプチ、アイテープの需要は増えていって若い女性を中心に人気があります。

経験者からすると、「早く埋没法をしといた方がいい」です。

もちろん整形に抵抗があって、絶対顔をいじりたくないという人はスルーしてくださいね。

まぶたの皮が伸び切るだけではなく、アイプチを何年に使っている方がお金も高くなるからです。

今、美容クリニックでうけられる埋没法は1~2万円程度で受けられます。

アイプチが1200円程度だとすると1年使用して時点で埋没法の方がお得なのがわかります。

私の周りの友人もアイプチから埋没法で二重を手に入れた子は沢山います。

みんな一致していうのが、「絶対埋没やったほうがいい」です。

とりあえず、思うのは毎回メイクが本当に楽になるんですよね。

アイプチはうまくいかないと10分以上何度もトライしますが、埋没法でもう二重になっている状態だとアイライン、アイシャドウも綺麗に濡れて短時間で済みます。

しかもスッピンも堂々と出来るので、彼氏の前でも恥ずかしくありません。

とは言っても埋没法は糸でまぶたを固定しているので永久ではありません。

なかには糸がすぐ取れてしまう人もいます。

保障期間のある美容クリニックなら再施術は可能ですが、そもそも保障期間を設けていない美容美容クリニックもあるので、カンセリングはとても大事です。

万が一を考えて、保障期間のあるクリニックを選ぶことをおすすめします。

ちなみに私の場合は10年以上とれずに二重をキープしています。

1点留め、2点留め、3点留め、4点留めなど埋没法には種類がいくつかあります。

私は2点留めで施術しましたが、しっかり固定されているので長くもっていると思います。

平均して2点留めで施術するかたが多いですね。

アイプチをしていて、将来埋没法など整形を考えている方は早めに施術することをおすすめします。

まぶたのたるみは老けさせてしまう原因にもなりかねません。

 

TOPページへ